2013年 10月 15日

「松ぼっくり」の森へ散歩に

私たちは日曜の午後はたいてい近所の森に散歩に出かけます。

 いつも森であきた! 

 つまんない!! 
 
 ほんと頭にくる〜!!! 

というコージを、夫も私も全く無視しほとんど必ず出かけます。

雨が降った後は道がぬかるむので夫が行きたがらず他の場所を選択しますが(ワインガウとか)、例えば夏の暑い午後などは特に、直射日光が避けられた上にひんやりとした空気の中での散歩できる・・・こんなリラックスできる散歩コースはないのです! 

森の中にカフェもあり、そこの屋外テーブルで冷えた白ワインを飲んだりおいしいケーキを食べることも可能。

大人二人だけであるなら、週一くらいは外へ全くでずに家でだらだらやりたいところですが、なにせ6歳男子を抱えたアパート暮し、やはり無理矢理でも運動させないと近所迷惑&親も迷惑なので仕方ない、というよんどころない事情もあります。

しかし、嫌がるコージくんはなんとか連れ出した後もたいへんです。

なぜなら

息子の大嫌いな「松ぼっくり

がふんだんにあるから! 

森の多いドイツでは、松ぼっくりを避けた散歩コースはほぼ不可能、となる季節も長いんです。

森までいかず町中であってもですね、そこは緑がたいへん多い国ドイツ、たとえば幼稚園までの15分弱の通園路にもふんだんに落ちていて、ギャアギャア叫ぶコージをなだめつつなんとか迂回しながら、というのもほんと大変でした。

この季節になると、同じようにあちこちに落ちているカスター二(日本の栗とそっくり)などの方が、なんだか巨大な昆虫みたいで見ようによってはよっぽど気持ち悪いと私は思うのですが、こっちは全くスルー、なにが彼をそれほど松ぼっくりフォビアにさせたのか、そのあたりは本人に聞いてもよくわかりません。

一度、親戚の家にコージといっしょに遊びにいった折、玄関を開けたら正面に、

特大 松ぼっくり

デコレーションが! 

すぐにドアを閉めておいとました経験もあります。

これからクリスマスにかけて、さまざまなデコレーションが町中や公共施設、そしてお邪魔したお宅の中にあふれます。この季節のアイテムとして世間一般的には松ぼっくりははずせないもの、MUST!なんでしょう。しかしコージにとってはなかなかつらい季節でもあります。以前よりはかなり落ち着きましたけどね。


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2013-10-15 04:46 | OE ? OK !


<< ドイツ人?それとも日本人?      来週からちょっとばたばたします。 >>