2013年 12月 31日

理想の嫁=マルタとの再会

友だち関係で悩みはいつも多いコージですが、幼稚園時代にできたとても仲のよい友だち2人のうちの一人、マルタ(6歳女子)と先日再会してきました。

彼女は昨年11月に、めったに会えない遠いところに引っ越してしまいましたが、そこは実は夫の故郷でもあるので年に何回かは会うチャンスもあるのです。

ギフテッドは年上とのやりとりが多いと一般的にはいわれているようですけど、幼稚園ではコージはむしろ、彼ら1歳下の子どもたちとよく遊んでいました。

マルタはとてもやさしくかしこくそしてとにかく愛くるしい! 幼稚園時代にもみんなに愛されていました。典型的な強いドイツ女子じゃないし(今のところ)、こういう子だったらいつでもOK!と、姑目線で私もずっと二人の仲を見守ってます。

そして彼女はとてもファンタジー豊かな女の子で、特にコージはこの部分で彼女と共有できるところがあるんでしょう。夏に遊びに行った時は、広い庭の大きな木のほこらを見つけて何かストーリーを考えたり、無数にあるかなりキッチュなオブジェを使って、二人であれこれ夢中で遊んでおりました。

ちなみにこの庭なんですが、子どもが遊ぶのにほんと理想的なんです。

なにしろ広い! それに古くて大きな木もあって、ビミョウに手抜きな手入れ加減も最高、花もたくさん咲いているけど草もぼうぼう生えている。しかも、さすが

ゲイの結婚式 に使用しされていた

というだけあって、なんだか too much なオブジェがあちこちに散乱していまして。

ああ、できることなら私も子どものときにこんな庭で毎日遊びたかった、と思いましたよ。「リラの花咲く家」、「秘密の花園」などを夢中で読んだ自分の幼い頃を思い出しました。

庭なしアパート住まいの我が家では、「もっと静かに歩きなさい!」と一日100回くらい注意している私。ああ子どもにとってはやっぱりかわいそうな環境だなあ、としみじみ思います。

ところでつい数日前がマルタの6歳の誕生日だったんですが、プレゼントとして「魔女の宅急便」DVDを贈りました。ドイツ語と日本語で観ることができるので、まずはドイツ語で、もしかしたら将来は彼女も日本語で楽しむことができるやもしれません。

というのもマルタの両親は純粋ドイツ人ですが二人とも大の日本贔屓。母の方は東京、父の方は大阪に滞在した経験があります。先日も

佐渡島 で食べた 明太子スパゲッティ

がいかにうまかったか !

という話題で盛り上がっておりましたよ。

ちなみに去年の彼女の5歳の誕生日には、新宮文明さんの「親子であそべる3ー5才のたのしいおりがみ」を贈ったのですが、これが大受け、日本語がわかる両親に手伝ってもらいながら折り紙に取り組んだそうです。

みそ汁ふりかけがダ大好きだというマルタ。そういう日本つながりの点でも貴重な友だちだったので、遠く離れてしまったのはホント残念ですが、これからも大切にしたいと思います。

最近、友だちのことで学校生活がいまひとつ楽しめていないコージくん、なんだかいろいろ自信をなくしているように思えていたので、マルタとの再会をとても楽しんでいるのを見て久しぶりにホッとしました。

それではみなさん、Guten Rutsch! =よいお年を! 

↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2013-12-31 15:12 | 悩み多き友だち関係


<< OE ? OK !      ギフテッドの強烈な思春期、そし... >>