2014年 01月 23日

あらためて、このブログにについて

ドイツ在住、現在小1の息子コージ(父=ドイツ人、母=日本人)は、1歳前からとても育てにくい子どもでした。

2012年末ごろに複数の方から、「ギフテッドではないのか」と指摘され調べた結果、ギフテッドの特徴である OE過度激動 = Overexcitabilities) がほとんど当てはまり、これまでの親子の苦しさの原因はこれだ!と確信しました。(→ コージの強い感受性はOE(過度激動)だった?

2013年3月にギフテッド診断を専門とする心理カウンセラーのもとで、ドイツにおけるウェクセラーIQテストのひとつ、HAWIK IV ( Hamburg Wechsler Intelligenz-Test für Kinder und Jugendlische)を受け、高い数値が出たことから、ギフテッドという診断に至っています。(→ ギフテッド診断まで

学校選びについて散々迷った結果(→ 小学校選択の悩み)、2013年9月より地元の公立小学校に通っていますが、日本文化と日本語習得のために土曜日は日本人学校にも通っています。ドイツ生まれドイツ育ちでありながら日本および日本語をこよなく愛し、現在も日本語優位を自認しています。(→ コージの日本語教育

家庭においては父とはドイツ語、母とは日本語をというように、二つの言語をきっちり使い分けています。

父と母のコミュニケーション手段は英語のため、それをかたわらで聞いているコージは英語で話す内容もほぼわかりつつあり、以前は手軽にできた食卓での父母の内緒話ができなくなりました・・・。

また、関西某大都市に在住経験ありの父は日本語も少々話せるため、食卓では3カ国語が飛び交います。ちなみに彼はこのブログを理解できる程度の日本語読解力もあるので、夫婦関係について詳しく書けないのがつらいところ(笑)。

母のドイツ語が少しずつ上達してきた結果、逆に英語とさらには最近日本語までもがあやしくなり、つい、一文に複数言語が混じってしまいがちな母の姿勢を厳しく指摘するのは息子、という家庭です。

このように今のところ、数学系より言語に興味関心が高いと思われる息子のOE による強い個性に日々かき回されつつ( → OE ? OK ! )
、その父(彼もギフテッドだと思われます)と母(100%定型フツーです)が奮闘する日常を綴っています。ドイツのギフテッド事情もぼちぼちと。

↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-01-23 21:23 | はじめて読む方へ


<< トラバントといっしょに。      ギフカテについて思うこと。 >>