2014年 06月 19日

〜海のそこのモンスター〜 さく・え/コージ

ドイツ語で書いた息子の本(Monster der Tiefe)が完成しました( )。学校ではまだ、
アルファベット全部を習い終わっていない 」段階でのこういう課題に驚きましたが、
d0002471_15174897.jpg
身近な出来事を文にして・・というステップを通り越し、(めんどくさいことは抜きにしていきなり「本」という完成形にさせるのって、実は子どもも楽しいし興奮するようです。

課題としては、白い紙4枚(なので全部で8ページ)を子どもたちに渡し二つ折りにしてホッチキスで止めさせ、そこにストーリーを書いたり絵を描いたりして本の体裁にする、というものだったようです。
d0002471_151839100.jpg
d0002471_15185510.jpg
息子は(いつものように)文句をぐたぐた言いながらも、その実、結構ノリノリで制作にあたり、2日くらいかけて完成させました。でも種を明かすとですね、つい最近まで「暗闇から出て来る気がして怖い〜」と恐れていた、BBC制作のモササウルスDVDを元ネタにしてます。

これをつくるに際してあらためて観たわけではないですが、もう何度も観ているので、内容もほとんど覚えてます。

なので、ストーリーをつくったとは言えませんが、まがりなりにも文を書きイラストも添え、それを冊子の形で完成させた!という事実をたっぷり褒めてあげました。

もちろんスペルミス(スペルがわからない場合は発音通り書く←あとで夫が訂正)もたくさんあったのですが、この際まあ小さいことです(笑)。


Monster der Tiefe  〜海のそこのモンスター

海にすむハ虫るいで 一ばんこわいのは、モササウルスだ。
かれは 目の前でうごくものは ぜんぶ食べてしまう。

ある日、モササウルスを見た。
えものをつかまえるために 
モササウルスは 海のふかいところへもぐった。

りくにすむ動物で 小さいものは たったの3メートルだけど、
ふかい海のそこにすむ動物は やく20メートル。
かれらは 水の中で そのままねむる。

モササウルスは 1日に1トンものえさを食べる。
食べのこったものはかくし、そのばしょに しるし をつけておく。

モササウルスが こうげきをしかける時は
ひれを できるだけ広げる(イラストは ↓ )。
d0002471_15175450.jpg
海にはしょくぶつや石や魚がいるが、
その下にはモササウルスがいるのだ!

子どものモササウルスたちは、魚をとるきょうそうをしたり、
おにごっこをしたりしてあそぶ。

でも、なまけものの子どもは、
くらいほらあなに かくれている。

ーーーーーーーー

裏表紙にはもちろん、

Geschrieben von ◯◯◯ 」 = 原作 ◯◯◯

と書くことも忘れてませんでしたよ(笑)。

DVDを観たことでたいへん恐い思いをしましたが、強く受け取り長く残っていた記憶(→
OE ? not OK
)を、うまく形にした例として、大切にとっておきたいと思います。

今日はドイツはお休みです。


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-06-19 18:05 | ドイツの小学校で。


<< 日曜午後のユウウツ。      結論=息子の場合、支援は今は必... >>