2014年 07月 17日

ギフテッドの強い感情移入

「ぼくはよく、ものにはぜんぶ 心がある ように かんじるんだよ。」

 最近息子コージは、特にそのことを強く思うようです。

「だから、何かをすてると、それが 泣いている ような気がするんだよ。」そう言いながらも、その場面を想像するんでしょうね。
既に泣きそうになるのです。

だから古いおもちゃ、もう着られなくなったシャツや履けなくなった靴だけでなく、チョコボールの箱とかアメの包み紙とか走り書きメモとかその他もろもろ、一度自分が関わったものをうっかり息子の前で処分しようとすると大変でした。

そういう息子の使ったものって、母である私にとってももちろん彼以上に愛着のあるものですけど、しかしここは狭いアパート。

現実的にはなかなかそれも難しく、不必要なものはその都度処分しなければなりません。私も最近やっとそのあたりの彼の感情を理解しましたので、人知れずこっそりと取り組むようになりましたけど。

昔飼っていた犬が、小屋に敷いていたマットを新しいものと取り替えようと取り出した時に、不安げに不満げにかなしそうに古いマットの方ばかりを見ていたことを思い出しますけど (笑)、犬だって子どもだって(もちろん大人だって)「ある時間を共有したもの」に対して、愛着を持つのは自然なこと、でも息子の場合はそれがかなり強いのです。

先日、私自身がかなり気が滅入っていた時に、このアパート環境は7歳男子にとって決してよくないと思い詰め、引っ越しを考えました(実は今も継続中。夫には言っていないのですがね)。で、こっそりとさりげな〜く息子に聞いたんです。

「◯◯(私の実家)みたいに、広い庭のある家に住めたらいいよねえ。。」

するとコージくん、

! 

このアパート、ぼくは大好きだし、
それにぼくたちが引っ越しちゃったら、

この アパートが泣いちゃう気がするんだ。

だからぜったいに、やだぁよぉぉーー!!」

即答でした。

彼の中では万事がこの調子なんでしょう。このごろは特に自分が関わったものでもないものについても、そういう感情を抱くらしい。

何かに対して、好むと好まざるに関わらず、日常的に息子が入って行かざるを得ない「深さ」について、私も最近よく考えるのです。


写真は、作文の宿題などがあまりにもはかどらなくて頭に血が上った時などに、居間の彼専用の作業テーブルの下にもぐって取り組んでいる様子です。

「ほんとっ、頭くる〜」とか言いながら。。


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-07-17 05:52 | OE ? OK !


<< ギフテッドの感覚過敏について(...      ギフテッドの友だち関係 >>