2014年 01月 10日 ( 1 )


2014年 01月 10日

OE ? OK !


相変わらず激しいコージの OE( Overexcitabilities = 過度激動)について、今日はその具体例を少しあげてみようと思います。

このところ暖冬が続いているドイツ、下手したら東京よりも暖かいので、先日久しぶりに自転車のりに出かけました。

うちのアパートは地下に自転車置き場があるのですが、一目につかない倉庫なので盗難も多い。よって我が家の自転車3台はアパート内に置いています。つまりは自転車に乗る時はエレベータにてそれらをいちいち下におろさねばなりません。そして実はこれこそが、長らく我が家の大げんかの発端でした。

今でこそこれは、OE だな、と理解しましたけど、その認識に至るまではほんとに大変だったのです。

というのも、2台あるエレベータのうちひとつは充分大きいので自転車二つと人間二人は問題なく運んでくれるのですが、入れ方にちょっと工夫が必要です。

1)私の自転車をまず、進行方向をエレベータ奥に向けて入れ込む。
2)前輪を右側に曲げ、エレベータ左側にきちっと納める。
3)その後コージの自転車を、エレベータ右側に逆向き、つまり出る時に彼が進行方向そのままに、私より「先」にスムーズに出られるように入れる。

ということはコージはその間、私が先に乗って体勢を整えている間に外で待っていなければなりません。といってもたった5秒くらい、でもそれが待てないのです!

早くしないとエレベータが閉まる〜!

という強い恐怖があるんでしょう。

こちらが制するのを待たずに無理矢理入ろうとするので、こちらもうまく自転車をスペースに納めることができない、そのうちにますます「ああ、ドアが閉まる〜」(ドア下に人やモノがある場合は閉まりません!)と彼がパニックになり私との大バトルになる、という。

出る時も同じです。「早く出なければ!」との焦りから、ハンドルがつかえたりしてよけいパニックになるのですよ。

コージの思いは、

自分が先に入って先に出たい!

でもエレベータの大きさを考えたらそれは無理なことです。自転車に乗る前からそういうやりとりをするのも思いっきり消耗するので、一時は以下のようなめんどくさいことも。

まず最初にコージの自転車を下におろす。 → おろした自転車に鍵をかけそのあとまたアパートにもどる。 → そしてもう一台をおろす。

その間コージは一人でいることはもちろんできないので、つねに私にくっついてい行動、はたから見たら、

なんとも間抜けな光景だろうな・・・

と。そしてもちろん帰宅時も以下同じ。大きいエレベータがなかなか来ない時は、途中その間延々と待たねばなりません。そして親子でまたイライラするのです。

実はこれには伏線があります。

2歳くらいのころでしょうか。もうすぐ発車するという電車に私とコージが駆け込み、続いて乗り込もうとした夫の顔に、しまりかけたドアがあたってしまったのです。

その光景、父の痛そうな顔の記憶がコージの頭から離れないらしく、「ドア→すぐに閉まる→早くしなくちゃ!」という回路が出来上がってしまったようです。

もうひとつ。

日本のJRのエレベータにドアに子どもが手を挟まれて泣いているイラストのシールが貼ってあったのですが、その泣いている子の顔に強く共感してしまうんでしょう、

泣いてるエレベータはやだ〜

とJRのエレベータに乗ることを拒否(ベビーカーではそれも無理なんですが)、しまいには

JRの電車全てに乗れなくなり

これは現在までも続いています。

こうした経験が複合されて、エレベータ=閉まる恐怖、というイメージが益々大きく強くなるんでしょう。それに加えて自転車をうまく納めなければならないという焦りと重なり、よけいパニックになるようです。

あ、そういえばホテル滞在時に、レセプションやレストランがある1階と宿泊階10階を毎回階段で何度も行き来したこともありましたよ。

最近は実生活においては少し改善されてきたとはいえ、それは経験とか理性で抑えているのであって、ひとつの記憶を強く長く持ち続ける先の展開を予想して不安になる他人の悲しみに共感する、といったことからくる不安感とか恐怖感というのはむしろ大きくなっているのでは、と思うこともあります。

理屈をわかった今にいたっても、側にいるだけで私はおそろしくストレスを感じますが、そういう状態が四六時中続いているだろう本人はもっと大変です。一生続くというギフテッドのこうした感覚。それとなんとかうまくつきあわねばなりません。

OE はとうていまだまだ OK にはなりえませんが、彼は少なくとも私という理解者がいます。7歳に至っても彼が私から離れようとしないのは、この点なんだと思います。


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-01-10 13:56 | OE ? OK !