カテゴリ:ドイツの日常( 7 )


2014年 07月 10日

イギリスでの日々。

ツール・ド・フランス(と、ウィンブルドン)に湧いたイギリスから帰ってきました。
d0002471_2059790.jpg
親しい友人クレアがロンドンでのモダンダンスのチケットを取ってくれたのがきっかけですが、新しいテートモダンにて、マチスの晩年のすさまじい情熱を傾けた切り紙絵(っていうっけ?)展を観たり、随分訪れてなかったケンブリッジにて、この時期のみ開催する地元のアーティストたちの Open Studio に出かけたり、とにかくよく食べよく飲みよくしゃべり、思いっきり羽目を外してまいりました。気持ちもだいぶ軽くなったかな。

ところで写真は、友人の愛車である、

なんちゃってフォルクス ワーゲン

実はこれを作ったのはなんと、日本の自動車メーカー「スバル」だそうな。

最高時速50キロ(もちろんそんなに出すことはないけど)、日本の軽トラックのような乗り心地のこの車ですが、買い物用の小型車を探していたところ、e-Bay で見つけたらしのですよ、クレアの夫 Andy が。

色もかわいい(自作のスマイリーもミラーにぶら下げてる)この車で、週末になると買い物をしたり市民農園で育てている野菜などを収穫しにいったりするんですと。

なんといってもステキなのは、これに乗ってケンブリッジをノロノロ走っていると、道行く人々がみんなこちらに向かって、

ニコニコ手を振ってくれる んです!

まるでラブリーなクレアの人柄そのもの(彼女の周りはみんなニコニコ)で、助手席に座っていた 私も もちろん手を振り返しつつ(笑)終始ニコニコでしたよ。

スバルさん、こんなところでいい仕事してるじゃないのっ。

結論。

母親業も、休息が必要

友だちのこと、学校のことで感じる息子の日々の緊張、不安が母親である私に伝わり、スポーツも習い事もしない環境にて、息子が私への依存を深め全てが私に集中しているように感じていたところだったので、とてもいいタイミングで気分転換できました。

息子と言えば、4日間さぞ寂しがっているかと思いきや、私がいないことで許されたテレビ視聴とかスターウォーズのDVD、それとお父さんがよく遊んでくれたり等、いろいろ特例があったにせよ、母親がいなくてもけっこう回っていたようで、ああ親子ってこんなものね、と妙に納得しています。

家族といえどもお互いの大切さを再認識するためには、やはり時々こうして離れてみること。子どもが小さいとなかなか難しいですけど、ときどきは諸々の事情をとりあえず置いといて、

自分だけの楽しみを優先 する!

これってホント大切だな、と思いました。

「自分のため」が、子どものために家族のためになる・・・こともあるのよ(笑)。

きちんと休息することこそ、

 長きにわたっての健康的&建設的な思考に不可欠!」

という考えがしっかり根付いているヨーロッパにおいて、「休み」はと〜ても大切なものであり、自分がとることとともに周りがとることをみんなが尊重してくれます。夫も協力してくれたので今回は思い切りましたが。

イギリスのそれはそれは美しい田園風景とともに、イギリス人のなんていうか、

表現や態度が婉曲で奥ゆかしいところ」などもね、

ドイツにて、

自我と権利を主張しすぎる

人たちにこのところ辟易していた私にとてっては、かなり癒しとなったようです。
いやドイツ人、いい人もたくさんいますけどね(笑)。

ああ、また行きたいな。私から話を聞いたコージは既に行く気満々です。

夫にも美しいイギリスのガイドブックを買って来ました。まあでも、家族でいくとなるとまた(かなり)違うんだけどね。。でもとにもかくにも、二人ともありがとう!


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-07-10 21:27 | ドイツの日常
2014年 05月 19日

すっかり初夏のドイツから。

長らくご無沙汰しておりました。スミマセン。。そうこうしているうちにこちらドイツもすっかり初夏でございます。

2ヶ月ほど前になりますが、日々どうしても悲観的なもの言いが多いコージ君の思考回路について、母としても危機感を感じていましたので、それを打開するべくある提案をいたしました。。
d0002471_2191840.jpg

「その日に起こったどんな小さなことでもいいから、

 いいこと を見つけて 毎日書こう

 それをお母さんに読んで聞かせたら、
 なにか小さなご褒美をあげるよ!」

それがですよ、信じられないことに今の今まで続いているのです。

最初は(めんどくさいので)単語だけを書いていたのが、ちょっとずつおだてていったところいつしか文となり、日記も早2冊目(数年前から時々書いていた1冊があったので)に突入。何かもらえるからという単純なウレシさのみで、めんどくさがりやの息子がちゃんと続けているのはすごいことだと思っています。

↓ ある日の日記から(原文ママ)。

四月十日木曜日
一、しゅくだいがなかったこと。
二、恐竜のDVDがひさしぶりに見られたこと。
三、ホート(注 : 学童保育)でたのしくあそべたこと。

五月二日金曜日
一、りすを三びき見たこと。
二、りすがにげなかったこと。(笑)
三、ヤンがいなかったこと。(注 : ヤンとは現地校クラスの友だちです)

とまあ、こじつけはいつもですが、しかしこじつけも才能! 

小さくてもいいから、どうにかして「楽しかったこと&ウレシかったこと」を日々の中に見つけること。

そうすることでその他の「イヤなこと」の存在が薄くなるようで、できるだけ楽しいことを考えつつ一日を終えよう!という目的にプラス、日本語の文章を書く練習にもなるという、まさに一石二鳥、我ながらいいアイディアだったなと自画自賛しています。

母が決める、しかもその内容については文句は言わないことになっている「ご褒美」なんですが、その具体的な内容といえばたとえば、

●「きのこの山」や「チョコボール」などの(あこがれの)日本のお菓子
●ガムやグミ、小さなチョコレートなどのドイツのお菓子
●学童保育に「若干、早く」迎えにいくこと
●レゴショップに「買わないけど」(笑)連れていくこと

たまに奮発して、
●スターウォーズの一番小さなレゴパック、など。

でもたいていは、YouTubeの動画(もちろん日本関係に限定)を10分くらい、でしょうか。

最近では、ゴジラ映画、007の映画の一部、アストン・マーチン(ジェームスボンドの車)の動画、くれよんしんちゃん、ルパン三世最新映画版、ハッチポッチステーション、忍者屋敷、シブいところでは、姫路城の桜、日本の城フリークの外国人などを観せて、感謝されました。

感受性が強すぎること、先読みをしすぎることなどから、人間関係の悩みは日々相変わらずですが、以前のような大きな癇癪はかなり少なくなり、このまま進んでくれるのであれば、あまりギフテッド云々にこだわる必要はないのかもしれないなあ、と思っています(今のところ)。

コメントいただいていたのに返事がたいへん遅れましてごめんなさい!

↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-05-19 21:31 | ドイツの日常
2014年 02月 18日

ドイツのバレンタイン狂想曲

みなさん悲喜こもごものようだったバレンタインデーですが、遅ればせながら我が家のエピソードも少し。
d0002471_4293830.jpg
ドイツにおけるバレンタインデーとは、

男性が女性に花を贈る」日!

という社会的なコンセンサスが(一部に)あるので、私はこれこそ息子に刷り込まねば!という強い使命感を持っています。

日本のバレンタイン事情を聞いていると特に、ね。うちではだれも、女性が男性にチョコを贈る、なんてことは考えもしないので私もと~ても楽です。

それに、花を贈る、贈られるって、気持ちが華やぎます。 私自身、花の名前はほとんどわからないくせに(笑)、贈ることが好きだったりします。

たった一輪でその場の雰囲気を変えてしまう花。これを日常に利用しない手はないと感じるようになりました。ドイツに来てからですが。

こちらでは例えばどこかの家に招待されると、日本のようにお菓子やらお土産やらを持参する、そしてさらにそれに対しておもたせ、とかいう複雑な習慣はなく、多くの場合は花、花、花ーー!それ以外はいらんがなー!です。食事の場合はそれプラス、ワイン(←飲んべえの私は必須)を持参することが多いです。

日本人の私は最初戸惑いました。

え~、花だけでいいの?
ホントにホントに何も持っていかなくていいの~?? 

でも慣れて来ると、

ああ、なんて人生がシンプル

あれこれ考えた末に用意したものが、全く相手の趣味に合わないということもないし、万が一花が嫌いであっても所詮もって1週間ですしね。

そういうわけでドイツでは気軽に花をやりとりする習慣があり、ということは需要も多く結果として値段も安い。たとえば千円も出せば、ちょっとした小さなこじゃれたブーケができるし、3000円くらい出せばそれこそ大層な花束ができるのです。

銀座のある老舗の花屋にて花束を頼むことがありましたが、たしかに花の種類も豊富、質もいいしスタッフのセンスも申し分ない。でもちょっと豪華にカサブランカなんぞを入れるとすぐに軽く1万円は超えます(まあ銀座だし)。

それと比べると町のどこにでも花屋があって、ある一定のクオリティの花を売っているドイツの花事情、ほんとスバラシイです。

義母も花が好きな人で、私たちが行くと3人で大きな花束とコージが選んだ一輪を彼女に渡します。

先日のクリスマスに贈った花が1ヶ月以上も持ったというのを聞き驚きました。心を込めて義母が世話をするというのもあるけど、流通量が多いので花そのものが新鮮なんだろうなあ、と思います。

で、我が家の今年のバレンタイン

私と息子は学童からの帰り道に2カ所ほど、特に息子がお世話になっている女性の元を訪れ、コージから花を手渡しし、たいへんに喜ばれました。もちろん途中、

「男性 から 女性に贈ること」

が、いかにに大切かについて延々と説明しながら。

家に帰って来た私は簡単な食事を作りました。ドイツ人の夫は夜に暖かいものを食べないので、普段私は息子と私の分しかつくりません。

じゃあ夫は何を食べているのかと言えば、数種類のチーズに黒パン、新鮮な果物、野菜、それにもちろんアルコール、まあたいていビールです。ちなみにそれらを全部自分で用意、おまけに皿も洗ってくれます!

でもハレな気分を出したい場合は、私がつまめるものを数種類つくってワインを空けることが多く、この日はおいしい(=高い)バケットを(それもわざわざ2つも!)買って来て、アボカドディップだあ、シャンピニオンと芽キャベツのグリルだあを用意してちょっとおしゃれっぽくワインで乾杯!のハズだったのですが・・・

ことの発端はですね、コージは私のために夫と二人でマジックを披露したかった、ということのようです。私があれこれバレンタイン談義をしたので、それじゃあ自分も、

お母さんのために、なんかしよう!

と思ったようなんですよ。

食事の前にぜひ、というので食卓の準備が済んだ私は、ソファに座っておとなしく待っていたんです。

が、「何度か練習をしよう」という夫の提案を聞き入れなかった息子、案の定失敗してしまい、そこでいつもの癇癪に発展、近くにあった積み木やレゴを壊しはじめ大変な騒ぎになりました。

加えることに当日は、夫がなんと午前1時半くらいから急に仕事が入りまして、結局5時までかかったことから(そんなことは滅多にないんですが)、その日の彼は体調もすぐれなかったんです。

一日在宅で家も出なかったので花束はもちろんワインもなし、でも事情が事情ですのでこれは仕方がない。近所のスーパーで買った普通の安ワインを空けましたよ(私のために)。

そういう状態で息子の癇癪ですから、夫は深夜の疲れがマックスに加速された状態で食卓へついたわけです。

夫はワインにちょっと口をつける程度、私が作ったものには手をつけられず、コージはアボカドとバケットだけ、私はといえば残りのワインをひとりで全部飲み干し、料理は意地で半分ほどたいらげ、そして当然その間、

3人ともムスッとしたまま

というある意味「典型的」な我が家の夜は終わったのでした。

問題は、息子の自分への過信、人の忠告を聞き入れないところ、思い立ったらすぐにやりたい&だから待てないという性格、そして失敗したという事実に耐えられなくてパニックになる等、もうこれはいつものことです。

でも気がつけばその頻度は大分減って来ているかも・・と思います(←いや、やっぱり気のせいかも)。

写真上は、その一連の騒ぎを始終を見つめながら空しく食卓を飾ったバラです(もちろん買ったのは私ね)。

でも息子の「おかあさんを喜ばせたい!」という気持ちは文句なくうれしかったし、本人も深く反省したし(翌日)、夫は無理して一連の料理と固くなったバケットを食べてくれたし(翌日)、まあいいです。

ちなみに2本も買ってしまったバケット、まだ残ってます。明日あたり(固くなっちゃったし)スープにでも入れて食べなきゃな(笑)。

写真下は、息子が義母に選んだバラです。来年こそは私も贈られたいもんです。一輪のバラ。
d0002471_4295674.jpg


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-02-18 05:06 | ドイツの日常
2014年 02月 11日

マグノリアにはまだ早いけど・・

今年は日本と違ってドイツは暖冬で、とても暖かい日が続いています。
d0002471_1482024.jpg
だから春の訪れも、もしかしたら例年よりも早いかも!とほのかな期待をする一方で、いやいや4月に雪っていうのも普通にある国だしと、ぬか喜びしないようにしてます。

映画マグノリアもそうですが、私はこの花が好きなんです。

早く春になるといいなあ。。

↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-02-11 14:23 | ドイツの日常
2014年 01月 30日

トラバントといっしょに。

なんだか風邪がひどくなったな、と思っていたらいきなり、

ぎっくり・・と腰に来て、

その2日後に息子にも風邪が波及、学校を休んで2日目です。
d0002471_11224850.jpg
昨日は息子の熱が39度を越していたので、普段よりもさらに不安感が増すんでしょう。

私に側にいてほしいと懇願し、傍らにマットレスを引いて時々横になるんですが、なにせ腰が痛くて長くその姿勢は続きません。寝起きするのにも一苦労、それに咳が出る時の腰の痛みときたら。。

来る時はまとめて来るんですよね、こういうものは。みなさんもくれぐれも気をつけてください。花粉症と同じで、たいへんねえ〜と対岸の火事でいると突然、来るんです・・腰の痛み。

写真は、隣人スネジャナからもらった、今はなつかし

旧東ドイツ伝説の国民車

トラバント!

あまりにもうれしくて、寝る時も離さなかった息子です。

でもこの車、今でもときどき見るんですけど、

プラスチック材のボディ

ですよ! 排気ガス規制云々とかそういう次元じゃないです。

危ないです。

でもほんと、よく作ったよな。よく走ったよな。
ウィキで調べましたら、

歴史文化財(笑)として、特別に許可を得た車両以外は、

走行できなくなっている」

ですって! その特別に許可を得て走っているトラバント、今でもドイツ国内に数万台あるそうですよ。なんと。。

特別の許可って、税金ものすごく高いんだろうな。
それでも乗りたいんだろうな。

でも見ている分にはかわいい車だと思いますけど、私自身は絶対に、

乗りたくない

と思います。。

↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-01-30 00:23 | ドイツの日常
2013年 10月 04日

ぶどう畑の散歩道

ライン川沿いに広がるぶどう畑を散策してきました。このあたりを歩く人々は季節を問わず多いですが、この時期は特に。なぜか。それはもう・・
d0002471_13124386.jpg

美しいから・・・です!

もう数週間もすれば、あたりが見渡す限り一面の黄色になり、まさに息を呑むほどの絶景になります。でも今年は残念ながら見られないかな。。

緯度の高さにもかかわらず、ドイツワインの北限になるこのラインガウ地域は、川面に反射した太陽光が両側の丘陵地を暖めてそれが滞留、一種の温室効果が得られるようで、確かにいつ行っても周辺地域よりも2、3度高い。

そしてドイツ人はこうした散歩が大好き。しかも「お金を全く使わず」に、家族で楽しめるというのがポイントで、そういう場所が近場にたくさんあります。ドイツに住んでいてよかった〜と思うことのひとつ。散歩嫌いなコージを無理矢理引っ張りだし、休日はいつもどこかに散歩ですわ。
d0002471_13124075.jpg
ところでドイツ産のワイン、日本では驚く値段で売ってますけど、そうだなあ、700円もあればけっこうそれなりなリースリングが手に入るでしょうかね。私自身白はあまり飲みませんが、それでも暑い夏の日にキリリと冷えた白を飲むと、ほんとおいしい!と思います。


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2013-10-04 13:41 | ドイツの日常
2013年 08月 12日

暑さが和らいだドイツより。

ご無沙汰しました。先週は36度を記録したドイツもやっと暑さが和らぎました。

もうすぐコージの夏休みが終わり小学校に入学するのですが、日本語学校の宿題をやる時以外は、ほんとの〜んびり好きなことだけをして過ごしている彼の横で、なんだか母親のみがさまざまな準備雑務その他に追われ、無用にざわざわした毎日を過ごしています。
d0002471_1321163.jpg
日本語や日本の文化を学ぶ場である日本語学校では、この4月から既に1年生ですが、「超つまらない、行きたくない!」を連発しており、しかしとても仲良くなった友だちがいるので、そのためだけに行くという状況。

担任の先生には新学期早々に「コージくんが退屈しないように気をつけます。」と言われましたが、短い時間で様々なカリキュラムをこなさなければならない先生自身、限界もあるだろう。この件についても、学校で勉強することがつまらないことだ、という認識が彼の中に固定してしまわないうちに、もういちど先生と話し合いをしなければ。

宿題も、コージの興味に合わせて適当に作り替えたものをやらせてますが、基本的に全くやる気がなく、ちょっとでも問題にぶつかると癇癪を起こします。やりたくなくともやらなければならないのが宿題だから、と毎日言い聞かせてますけど、そのことを理解するのにももう少し時間がかかるだろうな。

なので、もうすぐ始まるドイツの小学校の1年生カリキュラムはさらに簡単なものであることを考えると、彼の反応もだいたい予想できます。

「コージ君は小学校入学楽しみにしているんでしょ?」とみなさんに時候の挨拶がわりに聞かれているこのごろですが、本人は全く興味がなく、「どうせつまらないところだろう」くらいの気持ちのようです。

彼の社会性の発達を第一に今の学校を選び、その点では全く後悔はしていませんが、それとひきかえに浮上して来る問題にはきめ細かく対処していかないといけません。

(そんな現実逃避の)写真は、義母のバルコニーのゼラニウム。花が次々と咲き夏中楽しめるので、ドイツのバルコニーではよく見かけます。

ここでお茶を飲んだり食事をしたり本を読んだり昼寝をしたりして、みなさんバルコニーライフを満喫しています。ドイツ人は戸外でお茶をしたり食事をしたりすることが大好き、もちろん庭があれば最高だけど、なかなかそうもいかないしね。

だからどんなに狭〜いバルコニーでも、ドイツ人はみんなバルコニーが好きです。短い夏をできるだけ満喫したい、ちょっとくらい寒くてもコートを来てでも満喫したい、というドイツ人には欠かせないものです(なにせわたしも!)。

ところでこのゼラニウムの赤、私自身はあまり好みませんでしたが、緑とのコントラストはやはりほんとうに美しい。一年草なので冬は枯れてしいますが、義母は冬の間もその株を室内で大切に育て、そのいくつかは翌春に見事に咲くのです。今年は、その株を私もわけてもらって大切に育て、来年の夏につなげようかな、と。


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2013-08-12 14:09 | ドイツの日常