<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 19日

すっかり初夏のドイツから。

長らくご無沙汰しておりました。スミマセン。。そうこうしているうちにこちらドイツもすっかり初夏でございます。

2ヶ月ほど前になりますが、日々どうしても悲観的なもの言いが多いコージ君の思考回路について、母としても危機感を感じていましたので、それを打開するべくある提案をいたしました。。
d0002471_2191840.jpg

「その日に起こったどんな小さなことでもいいから、

 いいこと を見つけて 毎日書こう

 それをお母さんに読んで聞かせたら、
 なにか小さなご褒美をあげるよ!」

それがですよ、信じられないことに今の今まで続いているのです。

最初は(めんどくさいので)単語だけを書いていたのが、ちょっとずつおだてていったところいつしか文となり、日記も早2冊目(数年前から時々書いていた1冊があったので)に突入。何かもらえるからという単純なウレシさのみで、めんどくさがりやの息子がちゃんと続けているのはすごいことだと思っています。

↓ ある日の日記から(原文ママ)。

四月十日木曜日
一、しゅくだいがなかったこと。
二、恐竜のDVDがひさしぶりに見られたこと。
三、ホート(注 : 学童保育)でたのしくあそべたこと。

五月二日金曜日
一、りすを三びき見たこと。
二、りすがにげなかったこと。(笑)
三、ヤンがいなかったこと。(注 : ヤンとは現地校クラスの友だちです)

とまあ、こじつけはいつもですが、しかしこじつけも才能! 

小さくてもいいから、どうにかして「楽しかったこと&ウレシかったこと」を日々の中に見つけること。

そうすることでその他の「イヤなこと」の存在が薄くなるようで、できるだけ楽しいことを考えつつ一日を終えよう!という目的にプラス、日本語の文章を書く練習にもなるという、まさに一石二鳥、我ながらいいアイディアだったなと自画自賛しています。

母が決める、しかもその内容については文句は言わないことになっている「ご褒美」なんですが、その具体的な内容といえばたとえば、

●「きのこの山」や「チョコボール」などの(あこがれの)日本のお菓子
●ガムやグミ、小さなチョコレートなどのドイツのお菓子
●学童保育に「若干、早く」迎えにいくこと
●レゴショップに「買わないけど」(笑)連れていくこと

たまに奮発して、
●スターウォーズの一番小さなレゴパック、など。

でもたいていは、YouTubeの動画(もちろん日本関係に限定)を10分くらい、でしょうか。

最近では、ゴジラ映画、007の映画の一部、アストン・マーチン(ジェームスボンドの車)の動画、くれよんしんちゃん、ルパン三世最新映画版、ハッチポッチステーション、忍者屋敷、シブいところでは、姫路城の桜、日本の城フリークの外国人などを観せて、感謝されました。

感受性が強すぎること、先読みをしすぎることなどから、人間関係の悩みは日々相変わらずですが、以前のような大きな癇癪はかなり少なくなり、このまま進んでくれるのであれば、あまりギフテッド云々にこだわる必要はないのかもしれないなあ、と思っています(今のところ)。

コメントいただいていたのに返事がたいへん遅れましてごめんなさい!

↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-05-19 21:31 | ドイツの日常