タグ:ウェクスラーIQ ( 2 ) タグの人気記事


2014年 01月 23日

あらためて、このブログにについて

ドイツ在住、現在小1の息子コージ(父=ドイツ人、母=日本人)は、1歳前からとても育てにくい子どもでした。

2012年末ごろに複数の方から、「ギフテッドではないのか」と指摘され調べた結果、ギフテッドの特徴である OE過度激動 = Overexcitabilities) がほとんど当てはまり、これまでの親子の苦しさの原因はこれだ!と確信しました。(→ コージの強い感受性はOE(過度激動)だった?

2013年3月にギフテッド診断を専門とする心理カウンセラーのもとで、ドイツにおけるウェクセラーIQテストのひとつ、HAWIK IV ( Hamburg Wechsler Intelligenz-Test für Kinder und Jugendlische)を受け、高い数値が出たことから、ギフテッドという診断に至っています。(→ ギフテッド診断まで

学校選びについて散々迷った結果(→ 小学校選択の悩み)、2013年9月より地元の公立小学校に通っていますが、日本文化と日本語習得のために土曜日は日本人学校にも通っています。ドイツ生まれドイツ育ちでありながら日本および日本語をこよなく愛し、現在も日本語優位を自認しています。(→ コージの日本語教育

家庭においては父とはドイツ語、母とは日本語をというように、二つの言語をきっちり使い分けています。

父と母のコミュニケーション手段は英語のため、それをかたわらで聞いているコージは英語で話す内容もほぼわかりつつあり、以前は手軽にできた食卓での父母の内緒話ができなくなりました・・・。

また、関西某大都市に在住経験ありの父は日本語も少々話せるため、食卓では3カ国語が飛び交います。ちなみに彼はこのブログを理解できる程度の日本語読解力もあるので、夫婦関係について詳しく書けないのがつらいところ(笑)。

母のドイツ語が少しずつ上達してきた結果、逆に英語とさらには最近日本語までもがあやしくなり、つい、一文に複数言語が混じってしまいがちな母の姿勢を厳しく指摘するのは息子、という家庭です。

このように今のところ、数学系より言語に興味関心が高いと思われる息子のOE による強い個性に日々かき回されつつ( → OE ? OK ! )
、その父(彼もギフテッドだと思われます)と母(100%定型フツーです)が奮闘する日常を綴っています。ドイツのギフテッド事情もぼちぼちと。

↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-01-23 21:23 | はじめて読む方へ
2013年 03月 08日

ギフテッド診断の結果

先日ついにIQテストを受けてきました。

いろいろ考えた結果、ギフテッドに特に力を入れていることがサイトからも伺える、ある心理カウンセラーにコンタクトを取り、ドイツで最も使われているウェクセラーIQテストのひとつ、HAWIK IV ( Hamburg Wechsler Intelligenz-Test für Kinder und Jugendlische)と、前後の口頭による問診で即日に結果をいただきました。

個々の細かい数値はさておき、ざっと書けばこのような感じです()。

Gesamt - Test 148 総合IQスコア
SV (Sprachverständnis) 138 (言語理解
WLD (Wahrnehmungsgebundenes logisches Denken) 147
知覚統合
AG (Arbeitsgedächtnis) 146作業記憶
VG (Verarbeitungsgeschwindigkeit) 117作業処理能力

コージが左利きであることを考慮すると、最後の作業処理能力が他と比べて落ちるのはこの年齢にはよく見られることだそうで、その他の項目を見ても満遍なく高い数値であり、一般的に言うギフティッドの定義 = IQ 130 以上を上回ってます。

ドイツ生まれの彼ですが、いまだに優位である日本語と比べると少々劣るドイツ語においても、言語理解の数値が138と高かったのにも驚きました。

じゃあ、この数値の信頼性は?というと、前後5パーセントの範囲での誤差もありえる、とのこと。

閑静な住宅街に立つ一戸建てのごくごく普通の家にて、眠そうな顔で迎えてくれたカウンセラーEさんですが、通されたところもかなりごちゃごちゃでして、普段は居間として使われていると思われる待合室にて大きな黒猫が気持ち良さそうに眠っていました。

こんな場所で IQ テストを受けるのか〜??

と、かなり不安になりましたよ。

事前に何度も出したこちらの質問メールに、全く返事をくれなかったりだったので、行く前から「?」は既にあったのです。

が、今回のテストの目的は、IQ結果の書かれた文書をもらうこと、それで小学校を決めることであり、その他のことはあまりいろいろ考えないようにしよう、と夫と決めていたので多くは期待していなかったです。

しかしやはり、このためにわざわざ休みを取った彼の顔はこの時点でなんとも空しそう。いや〜、ドイツ人の夫にとっては、休みは命の次、家族よりも大事なもの。それを無為に過ごすということがどれほどつらいことなのか・・・察して余りありましたけど。

でもテスト後にこの道20年のEさんが言うには、

子どもがリラックスして実力を発揮するような、
カジュアルやわらかい雰囲気がとても大切だと。

確かに!

というのも、こういう場面では異常に緊張し、テストをおとなしく集中して受けるなど想像だにできなかった息子でしたが、その日は私と夫が同じ部屋に同席のもと、非常に集中かつリラックスして1時間ものテストをこなしていたのにはたいへん驚きました。

でも、たとえばアメリカなどでは、問診も含めたテスト所用時間は4時間に及ぶこともあるようで、今回のコージの場合の2時間弱はそれと比べると密度と正確さの点でどうなのか、という疑問もあります。

また、子どもの年齢、その日の状態や場の雰囲気、カウンセラーとの相性など、不確かな要素が多いもので、厳密なデータとして捉えるものではないんでしょうが。

が、 たとえば最初の言語理解のところで、ある言葉をあげてその意味を質問した際の、コージの答え方やその思考法に、Eさんはとても強い印象を持ったらしい。

また、彼がランダムに数字をあげ、それをコージが復唱するというタスクでは、その数値の桁数がどんどん増え(おそらく8桁まで)、次は逆から復唱する、というものを難なくこなしていたのは驚きました。

Eさんは毎年、ギフテッドか否かの診断を仰ぎにくる子どもたちを500人診るそうなのですが、その中で年に一人いるかいないかという印象だ、と。ほんとか。

で、肝心の小学校については、ある超エリート学校(もちろんお値段も超エリート)を勧められましたが、私も夫も、そもそもそんなエリート学校に行かせたい気持ちもお金もないですし、できれば地元の公立の普通の環境で学ばせたい。

が、やはり、ギフテッドの子どもで多く問題になる、「授業がつまらなくて学ぶ意欲をなくす」ということを避けるためにはさて、どうしたものか。


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]

by dksh_okys | 2013-03-08 14:18 | ギフテッド診断まで