2013年 06月 11日

面談 with E小学校校長と体験入学


昨日夫とともに、ギフテッドプログラムがある方の E小学校の校長と会ってきました。

この方がまた論理的かつ、とてもオーガナイズされているという印象(この点が夫にとっては二重丸)で、しかもと〜ても美しく感じのよい三重丸な女性。

一方の近所の B小学校の、「人の言うことには聞く耳持たない」おばちゃん校長とは比べようもない(夫談)そうです。

先日の父母会でのプレゼンはそれは素晴らしいものでしたが、息子の情緒的安定精神的成長のためには、やはり近所の友だちとかかわりながら自分のシマを徐々に広げていける環境が大事! という母親的カンは変わらないので、やっぱり近所のB小学校だな、と朝の時点では思ってたんですが。。

ウェクスラー IQ テストの結果 を見てその高い数値に驚いた校長は、

「明日、体験入学 があるので参加してみますか?」

だと!

この体験入学 = Schnuppertagですが、近所のB小学校の方は、すでに3月上旬に済ましています(チョー、つまんなかった!= コージ談)。E小学校の方も実は4月に一度既にあったのでそれに参加させて欲しいと打診したところ、学区外の子どもは参加不可能、と突っぱねられた経緯アリ。

ドイツって、そういう臨機応変さがあるんですよね。公立の学校ですから一応オフィシャルにはいろいろやっていいこととよくないことがあるにせよ、最終的には学校自身がそれぞれ判断していく、という。

で、急遽本日、コージを連れて行って来ます。詳細はまた。
[PR]

by dksh_okys | 2013-06-11 12:20 | 小学校選択の悩み


<< 「飛び級がいいのでは?」と。      トイレバトルがありまして。 >>