2014年 02月 21日

ドイツ語の本、日本語の本。それとCDブックで。

二カ国語環境の息子は、同じものを日本語とドイツ語両方で読むこともあります。たとえば最近では「たのしい川べ」、 英語版オリジナルタイトルは「The Wind in the Willows」ですね。
d0002471_052077.jpg
d0002471_063743.jpg

イギリスの美しい田園風景を深く愛していた作者ケネス・グラハムが、4歳の自分の息子のために書いたというもので、川辺に住むネズミやモグラ、アナグマなどの小動物たちが、いっしょに冒険したりお互いを思いやったりする話を、とても詩的な文章で綴っています。

その設定だけでももう、私のココロを揺さぶりますし、オリジナルのイラストがまた素晴らしい。

実はこの本、息子が生まれた時に大切な知人から頂いたものなのです。

難しいいいまわしやかなり複雑で長い文がたくさん出て来るので、全部はとうてい理解していませんが(今調べたら、推奨は小学4年生!)、私自身に思い入れがあるので、随分前からときどきですが読み聞かせはしていました。長い話ですので、今はまだ三分の一くらいまで。

ドイツ語版=" Der Wind in den Weiden "(訳すなら、川辺に吹く風、でしょうか)の方は、書店で見てその装丁の美しさ(写真・上左)に人目惚れして即、購入しました。。日本語のものとはまたちがった非常に魅力的なイラストで、夫もときどき読み聞かせています。

コージが言うには、


とても静かで、平和な感じがするんだ。

ヒキガエルがいなかったら、もっと静かなんだけど、

ヒキガエルがいるから、ばかばかしくておもしろいんだ。

最後にをもって戦うんだけど、誰も死なない

そこがいいんだよ。


最後まで読んでいないくせにどうして知っているのかと言うと、実はドイツ語のCDブック(なんと全部で3枚)を聞いているからなんです。

最近特にお気に入りのようで、ほとんどいつもそれを聞いています。テレビがアンテナに常時接続されていない我が家では、息子が居間にいる時は常時CDがオン、絵を描いたりゾロリのつづき書いたり(笑)レゴで遊んだりしながら、必ずなんらかのCDを自分で選んで聞いています。

映像が入ってしまうとどうしても想像の広がりが限定されてしまいますけど、CDはそこまでは強くはないと思うので、我が家でも随分聞かせました。テレビなし育児もほんとこれで随分助かりました!

ちなみに、ドイツではこうしたCDブックが多く、書店にもたくさん並んでいますし図書館でも借りられます。夫がラジオドラマ好きだったようですが、ドイツでは好きな方が多いのかもしれませんね。

息子はCDの中の「川辺を吹き抜ける風」を表現している、

「ヒューヒュー」

という効果音が好きなようで、よく私の前で口笛で真似してくれます。音楽も素晴らしい。

この「たのしい川辺」については、本ではまだまだ難しいけど、CDで聞くとけっこう楽しめてかつ話のおもしろさが少しわかってくる。

何度も聞いているうちに、ちょっとずついろいろな表現や話の詳細が理解できたりしてくる。すると今度は本を開きたくなる・・という感じでしょうか。

息子の場合、こうしてひとつの話をめぐって、日本語の本、ドイツ語の本、そしてCD、と3つのアプローチ方法があり、それぞれがビミョウに違ってもしくは被って彼の中への取り込まれていくようです。ああなんだか豊かだなあ恵まれているなあ、と思いますよ。


↓↓ギフテッド情報満載のサイトです
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by dksh_okys | 2014-02-21 01:07 | コージの日本語教育


<< 森の近くで。      ドイツのバレンタイン狂想曲 >>